卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ラグナヴェールTOKYO
100人以下

オフィスビルの中にある式場ですが、挙式会場は天井が高く開放感があり、また大きい窓からはたくさんの光が差し込む為写真を撮る際にとても明るく写ります。
バージンロードは床面がガラス貼りになっており床下には花が敷き詰められています。
他の会場と比べても華やかな挙式会場です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
ラグナヴェールTOKYO
100人以下

高砂からはゲスト全員の顔が見渡せ、距離感も近いのでアットホームな披露宴にぴったりの会場となっています。
またホワイエは持ち込みアイテムで自由に装飾が出来る為、新郎新婦の好きな物を飾ったりとオリジナル感を出したい方にはぴったりだと思います。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

余興や演出は最小限にし、ゲストの方達と話したり写真を撮る時間を多く作りました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

素材がチュールでとても軽く動きやすかったのが決め手でした。胸元のレースの模様もナチュラルな雰囲気で可愛く、式のテイストとも合っていました。

ブランド
PRIMACARA
ドレス 2着目

式場提携店舗のプリマカーラにて選んだランバンのドレスです。
淡い水色のカラーと、刺繍が雪のようで冬婚にぴったりのデザインでした。

ブランド
PRIMACARA
シューズ

式場提携店舗のプリマカーラにてレンタルしたシューズです。ヒール部分が太くて歩きやすかったです。

ヘアメイクのポイント

お色直し前後で雰囲気ががらっと変わるように、アップスタイルから編み下ろしのダウンスタイルに変更しました。

アクセサリー

式場提携店舗のプリマカーラでレンタルしたアクセサリーです。

ヘッドアクセサリー

ハンドメイド作家さんから購入したプリザーブドフラワーのヘッドアクセサリーを付けました。

ネイル

お色直しのドレスが水色だったので、それに合うように青をメインにしたネイルにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

ナチュラル・ボタニカルな雰囲気が出るように、ユーカリなどのグリーン系の植物中心とし所々に多肉植物や流木を飾りました。

装花のポイント

かすみ草、ユーカリ、アネモネ等の好きな植物をメインにしその雰囲気に合ったものをセレクトしました。

フローリスト

式場専属のフローリストの方にお願いしました。

お料理のこだわり

ご年配の方も多くいたので、なるべくお箸でも食べれるような料理にして頂きました。

ウェディングケーキ

苺が市場に出回る季節だったので、苺を全面に飾り付けたケーキにしました。

引出物

遠方からのゲストが大半を占めていたので、後日配送タイプの引き出物にしました。(遠方のゲストの方だけではなく、二次会に出席する方にも荷物が少なくて助かると大変喜ばれました!)
家族持ちの方には、全員で楽しめるような大きめの引き菓子を、単身者の方には日持ちのする引き菓子を選び、メインはカタログギフトをセレクトしました。

プチギフト

持ち運びに困らないように、クッキーと飴を贈りました。

結婚指輪

ダイヤモンドシライシの指輪を購入しました。
裏側に自分で考えたデザインを刻印してもらえるサービスがあったので新郎新婦のイニシャルをデザインし刻印してもらいました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

二次会の話になりますが、幹事の人が新郎新婦の両親に連絡を取りサプライズで両親からのメッセージ付きのムービーを流してくれた事です。
遠方に住んでいるので頻繁には会えない事もあり結婚やお付き合いについてどう思っているかしっかりと聞けずじまいだったのですが、心のこもった手紙で祝福してもらい思わず泣いてしまったのをよく覚えています。

二人らしさとは

感謝の気持ちを日頃からちゃんと伝える事、家族はもちろん友人を大切にする事を大事にしています。

嬉しかった参加者の反応

参列してくれた新婦側の友人に、サプライズでそれぞれをイメージした小さなブーケを1つ1つ作って渡した時にとても喜んでもらえた事が嬉しかったです。

私にとって結婚とは

お互いを支え合いながら一緒に成長していく事です。

後悔していること

アルバム等の写真代を安く抑えようと外部業者に委託出来ないか色々と調べましたが、結局式場専属のカメラマンの方がブライズルームやチャペルなどより踏み込んだ場所で撮影出来て、なおかつ良い写真が撮れました。
プランナーの方としっかり相談せずに外部業者と契約し、結局キャンセルした為キャンセル代を無駄に払ってしまった事を後悔しています。

節約のための工夫

ヘッドアクセサリーやブーケ等は式場に頼むより、持ち込み料を払ってハンドメイドサイトから購入したり自分で作る方が安くなるのでなるべくそちらを活用しました。
引き出物も後日配送サービスを行っている業者に依頼し、持ち込み料や引き出物を入れる紙袋の値段を節約しました。その分引き出物のランクを上げる事が出来ました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

SNSやネットに情報が溢れている時代ですが、結婚式を挙げる前に新郎新婦でどんな式にしたいかをしっかりと話し合う事で必要な情報が取捨選択出来ます。
挙式から披露宴の時間は長いように見えて本当にあっという間です。
お互いの譲れないポイント(花嫁の手紙を読みたい、友人に余興をお願いしたい…等)を前もって決めておく事でプランナーさんとの打ち合わせもスムーズになりますし、限られた時間の中で充実した式にする事が出来ますよ。