卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
百花籠
70人以下

教会のステンドグラスには圧倒されます。
現代と中世をイメージさせる和モダンな会場で、
非現実感を味わえます。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
百花籠
70人以下

清雅のお部屋限定で、人力車で入場することも出来ます。
比較的こじんまりとしたお部屋ですが、
後方がガラス張りですので、狭く感じません。
お庭が見えて晴れの日は更に good!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

一部のゲストだけが盛り上がり、
肩身の狭い思いをする人がいないよう気を付けました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

式場オリジナルブランドのWD
綺麗な教会に映えるトレーンのものにしました。
Instagramで一目惚れして、
実際に試着してもこれが一番お気に入りでした。♡
ボリュームがないので、大きめのパニエを入れました。

ブランド
VIVIAN brides
和装 2着目

WDから一転、ガラッと印象が変わった少し派手目な色打掛です。 母と夫のイチオシでした。
私は別のものも気になっていましたが、
客観的な意見を優先しました。
ゲストに聞くと、意外性があったようで、
今思えばこれが正解だったと思います!
おかげで新しい自分を発見出来ました。∨̈ *

スタイル
色打掛
シューズ

アクセサリー小物+シューズでお得になるプランがあったので、式場でレンタルしました。
5cmヒールのシンプルな白パンプスです。

ヘアメイクのポイント

挙式ではアップスタイルにティアラ
披露宴ではダウンスタイルに生花
お色直しの打ち掛けでは再びアップにしました。
全てカチッとしたものではなく、
ゆるくふわふわっとしてもらいました。❁

アクセサリー

ティアラ、ネックレス、イヤリングは式場でレンタル
和装のお花のヘアアクセは、Minneで購入しました。
前撮りでも使用しました。

ヘッドアクセサリー

挙式はシンプルなティアラのみ、
披露宴はブーケと同じ色味の生花をつけました。
色打掛では Minne で購入したヘッドアクセに
ブーケに合わせた生花を追加しました。

ネイル

派手な和装の邪魔をしないよう、
ベビーピンクのシンプルなデザインです。
サロンで施術してもらいました。✩

メインで使った花や装花のテイスト

淡いピンク、ブルー、白をメインに装花をお願いしました。
テーブル装花は式場にお願いし、
ブーケは花屋を営んでいる親戚にお願いしました。

装花のポイント

淡い色合いのお花が好きなので、
好みの色で可愛らしくして仕上げてもらいました。

フローリスト

百花籠

お料理のこだわり

安っぽく感じないように、試食をして実際に確認しました。
プランナーさんからは一番お安いコースが一番よく出ると伺いましたが、
お料理を楽しみにしているゲストもいると思いましたので
少しだけランクアップをし、
季節の物を使用したコースにしました。

ウェディングケーキ

3段で、フルーツが流れる仕様にしました。

プチギフト

moogy という麦茶を贈りました。
デザインが季節ごとに変わってとても可愛く
味も爽やかで美味しいです。
麻のリボンと Thanksシールをつけました。

婚約指輪

STAR JEWELRY

結婚指輪

ビジュピコ / galopine&galopin
デザイン と コンセプト に惹かれました。♡
-----------------------------
おてんば娘とわんぱく小僧を意味する『Galopine&Galopin(ガロピーネガロパン)』
初めて出会ったとき、お互いを意識しだした感情、
初デート、恋愛時代の二人の甘酸っぱい思い出を込めた指輪
恋愛時代の気持ちを繋いでくれる。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

サプライズで従兄弟と中座をしました。
思春期真っ只中の2人なので
嫌がるかと不安でしたが喜んで出てきてくれました。
叔母 (従兄弟の母) が特に大喜びでした。
ちなみに叔母は式始まってからずっと泣いてました。笑

二人らしさとは

いい意味でゆるいこと。
温かく穏やかで、周りの人を大切にすることです。

嬉しかった参加者の反応

二人らしい いい式だったと言ってもらえて
とても嬉しかったです。
一生分の 可愛い を言ってもらいました。♡
式中、ゲストの笑顔を見れたことがすごく幸せでした。

私にとって結婚とは

帰る場所がある、居場所がある。
お互いに無いものを お互いが持っていて
補い合ってるような2人なので
凸凹がピタッとハマった時に嬉しくなります。

後悔していること

お子様が1人いたのですが、
お料理や飲み物に気を使っていただけで
式中に遊べるものなどを用意していませんでした。
とてもお利口さんにしていてくれましたが
何かプレゼントとして塗り絵などの玩具を
渡したらよかったなと今になって思います。
お子様ゲストへの配慮が足りませんでした。

やりたかったけれど諦めたこと

人力車での再入場は高かったので諦めました。
DIYなど もっとこだわりたいところはたくさんでしたが
時間 と 労力を考えて諦めました。

節約のための工夫

式場からの契約特典は存分に使い、
削れるところは削りました。
( ケーキを置く台や暖炉の上の装花 etc )
諦める ≠ 妥協
妥協出来るところは 妥協しました。

DIY出来ないか?考える。
ただ DIYに力を入れ過ぎて 自分がしんどくならないよう、
自分で作るところ、お金をかけるところ
しっかり見極めが大事だと感じました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

パートナー、プランナーさんと
しっかり話し合うことが大事です。
自分がやりたいことを詰め込んでやるのもいいですが
その時 ゲストはどう感じるか?という
ゲスト目線 も忘れずにしました。

準備をしていると、時には「私ばっかり頑張ってない?」
と思うこともあるかもしれないですが、
案外パートナーは何をしたらいいのか
分かっていないだけかもしれないので
「〇〇やってほしいなぁ、お願い♡」 と
具体的に例を挙げて甘えてみてください。∨̈ *
大好きな新婦さんの為なら張り切ってくれると思います。 素敵なお式になりますように!